0で除算しました。

しばらくコロナ禍専用、時々生活と美しい物。

今後の執筆方針

[tex: ]

失敗者としての反面教師書

ビジネス書や自己啓発書は、ほとんど成功者の視点で書かれている。目指すのは逆張り。すなわち失敗者としての反面教師書。他人の不幸は蜜の味、的な魅力を目指したいと思う。今の所はここまでかな。

ネタについて。

色々考えていたが、今日あった事件を記す。

家の近くで、当て逃げに遭ってしまった。こんな感じ。

 ETCレーンで割り込みかけられ、あっという間に逃げられた話。ツイートしたら色々な方からリプライを頂いたが、上はその一部。

元気なら追い込みかけるさ。しかし、今日は冬タイヤ交換に行きたいのにナットが見つからず、汚部屋を探した挙げ句何故か枕元で見つかり、それだけで脳が疲れてしまった。本当は、この汚部屋について書きたかったのだ。

決算期までに資金繰りがついたら、新車に買い換える構想も立てていたしね。

探しもののコツ

俺のようなタイプは、整理整頓も苦手で、いざというときに欲しいものをドタバタ探す。案の定冬タイヤのナットもそんな状態になったので、あちこち置いたはずのところを探す。いつもこんな調子だ。

すぐに耳鳴りがひどくなり、横になった。そうしたら手を伸ばしたところにそれはあった。これで40分ロスした。

探すことを諦める。これが探しもののコツである。

耳鳴り、整理整頓と汚部屋、これらについては改めて深堀りしたい。