0で除算しました。

しばらくコロナ禍専用、時々生活と美しい物。

運動音痴と発達障害

[tex: ]

発達性協調運動障害

ちょっと前に、ふとNHKのこの記事見て、愕然としました。

www.nhk.or.jp

ただでさえ正体不明な発達障害。加えて極端に無器用・運動が苦手・これも発達障害ってわけか?

子供の頃は、多動、整理整頓ができないなどもありましたが、そうか。幼少のころから人生詰んでたのね。俺。

 

自分の運動音痴歴

小中高時代は、たぶん県内ーじゃないがというほど、運動が苦手だった。昔の5段階成積では体育だけ2で、あとはオール5みたいな感じ。1じゃなくて何故2か?とというと、多分「保健体育」で保健のテストはほぼ満点取ってたから。まぁエロガキでしたから得意科目だった。

何が駄目だったかというと、特に球技と体操。ボール投げは今でも正しくできないし、バドミントンのラケットの扱いも何か怪しかった。体操は、年寄りなみに体が堅く、マット運動など地獄だった。

男がスポーツ駄目って、当然スクールカースト低かったなぁ。

大学進学から社会人2、3年が、思えば人生で1番楽しい時期だった。体育の重要性が少なかったからだろう。

現在では

発達障害の悪影響が出始め、まぁ毎日体育しに行ってるようなものですよ。ひとりで完結する仕事は苦にならないが、報連相やらスケジュールやらコミュ二ケーションがもう。

お子さんをお持ちの親の皆さん。子供はダメな所叩くんじゃなくて長所を伸ばしていって下さい。ゼッタイ。

 人生そのものが苦手って、詰むよ。