0で除算しました。

過去を捨て、次へ行く。

12月19日:あの事件から6年

[tex: ]

餃子の王将」社長殺人事件

6年前の今日・・・2013年(平成25年)12月19日の早朝に、「餃子の王将王将フードサービス本社前で当時代表取締役社長・大東隆行さんが射殺される事件が発生した。今も未解決事件である。

王将社長射殺事件 - Wikipedia

ズボラで家族の誕生日すら忘れる私と違い、嫁さんは朝起きてすぐ「そういえば今日は・・・」と口にした。ましてや、自分の地元(京都市山科区)で起きた事件である。記念日の類に関心がなく、女にもてない原因であろう。

JR山科駅構内の電光掲示板にも「・・・情報をお寄せください」という京都府警からのメッセージが流れていた。もう6年か・・・

いい人から先に死ぬ

大東社長は、毎朝5時に出社し、本社前の玄関を掃き掃除する習慣があったという。以下の記事を読むと、社長の人となりがわかる。

社長就任後は毎朝6時前には出社し、本部のある会社の玄関を自ら開錠しては、玄関や駐車場を掃き清めて散水していたという。昼にはトイレ掃除もしていたが、その理由は「従業員には綺麗な会社で気持ちよく働いてもらいたいから」ということや、「本社の玄関が汚かったら、店に行ったときに『汚い』と指摘できない」ためであったという。また、社長専用車はあったが運転手は付けず、自ら運転していたという。

直営店の店長300人以上の名前だけでなく、フランチャイズ店オーナーの名前もすべて覚えており、本部の室内の壁には全員の顔写真を貼っていた。また、社員の誕生日には自ら選んだ自己啓発本を、社員の配偶者の誕生日には花束をそれぞれ贈呈していたという。

大東隆行 - Wikipedia

 どうだろう。こういう社長って他にいるだろうか。皮肉なことに、大東社長のこの習慣を犯人に把握されて、狙われることになってしまった。

なぜ殺されたか

というよりも、誰に殺されたか?という事だが、

 

最新情報では、某暴カ団組員のDNAが...という情報もあるが、私は海外のヒットマンが雇われ、犯行後すぐに出国した、と思うではそう逃げ切れるものではない。最近の未解決事件の大部分はそんなものではないだろうか。

少なくも、どう考えても個人的怨恨の説明がつきにくく、組織を切り崩そうとしたのではないか。敵対する勢力がプロを雇った。足が付きにくい方法で。

似たような事件に以下のようなものがある。