0で除算しました。

過去を捨て、次へ行く。

アイドル界に激震走る

[tex: ]

犯人はNGT暴行事件犯行グル一プの1人!

いやはや、とんでもないものが出て来た。
bunshun.jp

いったい誰のことか

上記文春記事より引用:

(前略)さらに、このX氏は元NGT48・山口真帆への暴行事件を起こした2人組(当時「A」「B」と報道)と昵懇の“アイドルハンター軍団”の一員で、暴行の直後に事件現場に呼ばれ、駆け付けていた人物であることも判明した(当時は関係者「C」として報道)。

時報道されているA、B、Cとは、それぞれ昨年3月のAKS第三者委員会報告書でいうところの甲、乙、丙のことである。なお、文春の記事の信びょう性を疑う人が多数居るが、以下この記事がガセネタでないと仮定する(単純に指原莉乃さん案件で飛ばしは書けないだろうという理由)

何が問題なのか

上の第三者委員会報告書の末尾にあるように、株式会社AKSがNGT暴行事件を「メンバーを不問」という名で放置した。そのために同一犯行グループメンバーの再犯を許してしまった。これがすべてだと思う。

放置した理由は、放漫経営というよりは、厄介ヲタ(とメンバーの繋がり)を、利権装置として残しておきたかった。あるいは(脅されて)残さざるを得なかった。ことの本質はAKSと厄介ヲタの繋がりであろう…いきなりそう言われても事件初見の方はなんのこっちゃ?と思う。ここで我々はNGT48の前支配人、今村悦朗氏のことを知っておく必要がある。

前NGT48支配人、今村悦朗氏とは?

ここからは、芸能界のウラに入っていく必要がある。信憑性のあるソースは示せないので、ブログやまとめサイトに頼るしかない。

aikru.com

要点は、今村氏がNGT48に来る前にSKE48の支配人をやっていた。その時面倒を見ていた?厄介ヲタたちを、NGTにそっくり連れてきた、というのである。上記記事の2ページ目にその記述がある。

顔を見て、AKBG界隈の人には見覚えがあるかも。夜な夜な「えつろーを出せ!」とTwitterでツイートされていた顔写真の、あのおっさんである(ハッシュタグ #今村悦朗 #えつろーを出せ などで今でも検索することができると思う)

今村氏いわく厄介ヲタのことを「いやアイツらも可愛いところあるんですよ」と言っていたそうである。

一方、NGT48のメンバーにも、面倒見のいいおっちゃんとして慕われていた。その人柄は以下の記事からも伺える。

ameblo.jp

山口真帆さんも事件について今村氏に相談し、事件に関係している悪いやつはクビにすると約束したといわれる。事件直後、現在の無能支配人・早川麻衣子氏とは違って、事件直後メンバー全員にメールで通達を流している。つまり支配人としての仕事はちゃんとしていたと思う。ただ、現在今年5月を最後に今村氏は消息不明。全方位外交でいい顔した挙げ句、身を隠さざるを得なくなった卑怯な男なのか、本当に消されたかは定かではない。

柱王と厄介

AKBGには柱王とよばれる太ヲタがいるようだ。何者かはわからないが資金力があり、彼の動向により総選挙が決まるとか。

柱王は厄介ではなく善良な人物かもしれないが、NGT48に巣食っていた厄介たちも金にものを言わせて握手券を買ったりしている。そのお礼として今村氏から特等席の斡旋を受けていた、と厄介たちはツイートしている。

キックバックが特等席だけなら良いが、特定メンバーと繋がり、総選挙投票アプリのバグを利用して、あるメンバーに対して不正投票をしていた噂がある。あくまでも噂だが、統計学上あきらかにおかしい総選挙順位の急上昇のグラフは何度もみた。検証記事もある。信じるも信じないもあなた次第。

www.excite.co.jp

そんなに利権を手放したくないか。

AKSが暴行事件の犯人を相手どり、3,000万円の支払いを求める民事裁判が進行している。しかし、準備書面として出てくるのは山口真帆さんと厄介の繋がりの証拠というものばかり。

手前味噌だが当時のtogetterまとめより。NGT48裁判その後(2019/9/1 -) - Togetter

これらの事実こそAKSと厄介がつながっている証拠ではないのか?