0で除算しました。

退かぬ!媚びぬ!省みぬ!(聖帝サウザー)

さようなら、我が職場

[tex: ]

f:id:divisionby0:20200223221634j:plain

あと1ヵ月

自分の健康上の理由で、3月いっぱいで今の職場から去る事になった。初めて申し出てからまる2年。退職や転職ではないが、20年以上やってきた職場を去ることには変わりない。

内示なので、本来誰かに話すものではない。このような底辺ブログを誰も見てはいないと思うが、身バレしない程度に書く。

反省すべき点

一言で言ってしまうと、職業の選択を誤った。人並みに就職し、やりたい分野で世の中の役に立ちたいと願っていた。だが、致命的にある資質に劣っている事に気付かぬまま、中年になってしまった。

人との交渉能力。仕入れて売って利益を得る車への嫌悪感。失敗から反省して学ぷという事。ホウレンソウ。どれも0点に近かった。

一番不味かったのは、そこから批判を全部真正面で受け止めてしまい、自ら木偶の棒に甘んじてしまった事だ。いくらでも回避する手はあったのではないか。無能なりにうまく立ち振る舞う術はなかったか。

何とでも言え。

「やる気がない」「謝っておけばいいと思っている」「常に誰かのフォローを当てにしている」…複数の上司、同僚から言われたことは甘んじて受けている。そうするより他職場でやっていくすべがなかった。

そのうちストレス反応が出てきた。思考力の低下、基本的な会話能力の低下。このまま働けなくなるのか?

結局、2回も降格され、給与が目にわかるほど減少する。

障害手帳持ちとなる

あまりにも色々おかしいので、上司に医師の診断を受けるように勧められ、いろんな検査を受けた。案の定「大人の発達障害」だった。

上司と面談を重ね、今の職場は向いていないのではないか、という結論になった。人事の人と面談して、異動希望を出す前に障害手帳を取るように言われた。職場としてそれがあった方が異動させやすいという。在籍したまま、一般雇用から障害雇用枠への移動なんて、そんなことできるのか?

精神障害者手帳は以外に簡単に取ることができた。3級だった。職場にハードコピーを渡し、それから2年が経過して、現在に至る。