0で除算しました。

しばらくコロナ禍専用、時々生活と美しい物。

全国の小中高校を3月2日より休校ヘ。

[tex: ]

f:id:divisionby0:20200227202710p:plain

どえらい事になったな。

仕事帰り、スマホに号外が飛びこんで来た。

news.yahoo.co.jp

ニュースはともかく、コメントが凄い。まぁ当然だろう。

「子供の面倒を誰が見るのか?」もっともである。共働き家庭はどうするのか。自己責任でなんとかしろって事だけれど。自己責任。

日本人の同調圧力に賭ける

なお、あくまでも「公立の小中高」であって、私立高や保育園、幼稚園は含まれないが、日本人の同調圧力に賭けるんだろうな。

また3月決算の職場を休みにする判断ができる企業は少ないだろう。が、すでにいくつかの大企業はテレワークなどの対応をしている。ま、ここも同樣だな。

まず子供から始めるという政府の考えは、ヤフコメにもあった少数の意見と同様、ギリギリの所を攻めていて、悪くはないと思う。色々遅きに失したとはいえ、この先ずるずるとゆで蛙のように死を待つよりは、と思う。

俺たちのような共働き子無し世帯が、アビカンを打ちながら最前線で頑張る時が来たのかな?使えたらの話だが。

お前だけは生きろ。

今日の仕事帰りに、地下鉄車内でやばい人と遭遇した。

「大丈夫ですか?座りますか?」と直ぐ側の座席のお姉さん。その脇、自分の至近距離に、顔を真赤にしてぐったりと手すりに捕まる男性の姿が…

タダの酔っぱらいだと良いんだけれど…そのうち携帯で誰かと話始めた。言葉は日本語だった。咳とかはしてなかったので、次の駅でそっと遠ざかる。

映画「復活の日」「アウトブレイク」「感染列島」のようなシーンが現実世界に現れるのも、時間の問題だと思った。

危険を煽るつもりはないが、この手のパンデミック映画を観て、有事に備え脳内シミュレーションしておくことは重要ではなかろうか。

「感染列島」ならば、YoutubeでTV放映版が上がっている。今度の週末にも観ておくことをおすすめしたい。

www.youtube.com

俺が今言いたいのは「お前(と家族)だけは生きろ」それだけだ。