0で除算しました。

しばらくコロナ禍専用、時々生活と美しい物。

名医師の言葉

[tex: ]

ADHDとして、どう生きていったら良いのかな?

この言葉が10代20代ならまだサマになるが、50過ぎたオッサンが言ったら情けないよね。みっともないよね。

でも、昨日のこれが終わったあと、締めくくりに若い雰囲気少々キザな担当医に、良いチャンスだと思って聞いてみた。発達障害、ではくくりが広すぎるので、一番自分の状態に近いADHDという言葉で聞いてみた。

www.division-by-zero.info

若い(といっても40代かな)医師は、カウンセラーとしても卓越した力を持っていることを知り、いたく感嘆したので、記しておく。

人間の土台となる4つの要素

医師曰く、人間として健康に生きていく土台として以下の4要素が必要という。
  1. 食事
  2. 睡眠
  3. 運動
  4. コミュニケーション
今の自分は、1、2がなんとか(睡眠は不安定)、3はまったくできておらず4が嫌いである。ほぼ個人的3大欲求でありマズローの5段階欲求の入ロだと思うが、これらは若い頃に比べて相当退化した。若い頃も運動は嫌いだが、自転車の遠乗りが好きでよくしていた。4.も苦手という意識があまりなかった(吃るのは子供の頃から).
朝飯をきちんととり、睡眠は最低7時間、理想は8時間取りたいところだが、なかなか難しい。

人と話すだけがコミュニケーションではない。

「先生、自分はコミュニケーションが一番苦手なんですけど」と聞いたところ返ってきた答えがこれである。

師曰く「自然に触れること、読書をする事も立派なコミュニケーションだよ

なるほど、その考えはなかった。自然やいにしえの人の思想に触れる事もコミュニケーションだとは!

確かに、そういった物からも遠ざかっていた。仕事にこれは気合さえあれば直ぐにできそうだ。趣味って大事なんだね。

ありのままの自分を自ら認めてあげる。

ADHDは特性であり、変える事は無理です。しかし、過集中は誰にも真似できない事です。その特性を生かす方向に考えましょう」

「仕事で誰もが特性を直せというかもしれないが、そんな意見は流しておけば良いです」

「自分だけは自分を認めてあげましょう」

次々に放たれる医師の言葉にに、しばし圧倒された。なんと言う事だろう。自分は10教年という間、真逆の事をしていたのだ。

そして今日、休み時間にサイトを見ていて、より衝撃的な文に出会った。

president.jp

自分が上司から怒られるのは、自分の不手際や能力不足のせいだと思い込んでいる。また、上司に対して萎縮していて、波風を立てたくないという願望も強い。このような意識が、相手の振り回し度合いをヒートアップさせている可能性がある。 

なんだろう。まるで痴漢される方が悪いと言わんばかりの論調は、と反発を持ってさらに2ページ目を開く。

president.jp

 「私は、『人よりも謙虚であることができる人間』である」という過信や、「『いい人』と思われたい」という欲が、振り回す人から狙われるとのこと。そう言われてみると、自分の心の奥底にも「いい人、気の利く人と思われたい」という欲を感じます。その欲から人の頼みを気安く引き受けたりして、ドツボにはまることもあり、この「過信」の根深さを思い知らされます。

(中略)

「『ちょっと面倒くさい人』と思われることも対策の1つです。人を振り回す人というのは、『この人は何をしても言い返さないから大丈夫』というのを鋭く嗅ぎ分けています。自分の身を守るために、あえて面倒くさい人になることも重要です」

「ちょっと面倒くさい人」になるというのは、謙虚な人、気が利く人にとっては非常に難しく、アイデンティティを揺るがすほどの苦痛ともいえることでしょう。それでも相手を見て、ときには「ちょっと面倒くさい人」にならないと、会社で、ひいては社会では、生き抜けないのです。

 何ということだろう。人の頼みを気安く引き受けることが、いい人と思われたい欲からです過信だなんて。まるで俺のことを名指しで言ってるようでした。舐められたら終わりってのはこういう意味なんだな…