0で除算しました。

しばらくコロナ禍専用、時々生活と美しい物。

聖地巡礼

[tex: ]

全国的に緊急事態宣言だが

昨日、スターバックスにしばしの別れを連れたあと、メインのミッションを実行する。それは先日亡くなった志村けんの聖地・東村山訪問である。

計画していた訳ではなく「そうだ、東村山行こう」と行き当たりばったりの行動だ。

この時期に東京訪問など、本来なら言語道断なのだが、車で行って30分だけ滞在して戻ってきたので、レポートする。

聖地は東村山駅

カーナビで東村山駅に行き先を設定すると、上信越道=関越道で所沢ICで降りるコースを提示。野辺山高原から中央道を行きたかったが、渋滞しているようなので、提示コースに従う。

首都圏の道路っていいね。毎回関西から車で実家帰省のたびにものすごく消耗していたが、それは長距離を走るからというより、連続カーブで集中力が削がれるからだだと再認識。そのぐらい快適だった。

ほどなく所沢に到着。駅前の光景には見覚えがあり、とても懐かしい気持ちにさせられた。20数年前にこの辺に暮らして働いていたっけ。東村山に3年、所沢に1年。一種の帰省だな。

窮屈な府中街道を経て、駅前に到着。

f:id:divisionby0:20200420203443j:plain

自分が知っている駅舎よりモダンだ。走っている西武電車も、昔と全然違う。

志村けんの木

駅前に「志村けんの木」というものがある・

f:id:divisionby0:20200420203559j:plain

f:id:divisionby0:20200420203452j:plain

平成27年1月吉日、との表記があったが、この木は私が住んでいたときからあった記憶がある。移植されたのだろうか?

緑色のバスがの横には、こんな表記があった。やはり、お供えものを持ってくるファンがいるんだねぇ。

f:id:divisionby0:20200420203528j:plain

昔のアパート

昔住んでいたアパートは、駅から徒歩5分ほど、府中街道沿いにあったはず。所沢方面を望んで歩いていくと…

f:id:divisionby0:20200420203701j:plain

奇跡的に、あった!

新築の住宅群に埋もれるように。自分の部屋は、たしか3階の手前の角部屋。1DKで、当時はプロパンガスを使っていた。今はどうだろうか?

f:id:divisionby0:20200420203627j:plain

正面を住宅の影から望む。真正面からが一番味があるが、アパートが特定できてしまうので…

f:id:divisionby0:20200420203743j:plain

 

名残を惜しみながら、30分の聖地巡礼を終え、帰路についた。