0で除算しました。

しばらくコロナ禍専用、時々生活と美しい物。

平山論説は死なず

[tex: ]

f:id:divisionby0:20200425191752p:plain

論文本体は消されていない。

先日紹介した「NGT48論文」(以下・平山論説)がつくばリポジトリから消されて数日たった。

www.division-by-zero.info

ヴァーナロッサム(馴染まないので旧名のAKSと呼ぶ)吉成社長サイドの弁護士から、取り下げよ(さもなければ訴える)とのクレームがあったと聞いている。真偽不明だが、そのタイミングで掲載先のつくばリポジトリから消えてしまった。

論文を正規な方法で入手する

私もこの事案に対して憤慨し、平山論文への正規な論文のアクセスルートがあるかどうかを調べた。

今のところ、大学に関係ない一般人が正規な方法で平山論説の写しを得る唯一の方法は、国立国会図書館で閲覧・または複写すること、である。

国立国会図書館ではインターネット経由で「遠隔複写サービス」を提供していて、これを利用すれば、地方からでも論文の複写を正規に得ることができる。PDFではなく紙の写しを郵送してもらうことになり、費用がかかるが、平山教授・筑波大学著作権を侵害することなく論文を閲覧できる。

(※新型コロナウイルス対策により、現在。国立国会図書館では「遠隔複写サービス」を停止しています。詳しくはこちら

国立国会図書館「遠隔複写サービス」の利用方法

  1. 国立国会図書館オンラインにアクセスし、利用者登録をする(右上の「ログイン」ボタンをおして、ダイアログボックス左下の「新規利用者登録」をクリックし、必要情報を入力、メール認証後、ID(英大文字+数字8桁)が付与される)
  2. 登録したIDとパスワードで、国立国会図書館オンラインからログインする。
  3. トップページの「キーワード」に「NGT48問題」と入力して「検索」
  4. 検索結果に平山論説「NGT48問題・第四者による検討結果報告」がヒットする。リンクをクリックする(直リンクはこちら
  5. リンク先右下「遠隔複写」をクリックする。
  6. 1〜5で、下記画面に行けたはずである。チェックボックスは全部指定して「申込カートに追加」をクリック。

    f:id:divisionby0:20200425200528p:plain

  7. 右上のカートをクリックして、申込カートから「申込手続に進む」をクリック。(遠隔複写サービスが停止しているため、検証はここまで)

遠隔複写サービスが再開したら、申込む気満々なので、カートは保存しておいた。

AKSは戦いに破れた

株式会社ヴァーナロッサム(旧株式会社AKS)側は、気軽に読めるPDF論文をつくばリポジトリから削除させることまではできたが、PDF論文本体の削除はできなかった。学問の自由の牙城を突き崩すことに失敗したわけである。

PDF版を持っている人は、緊急事態宣言が解けたら、国立国会図書館から論文をゲットしよう。山口真帆さん写真集「present」のお渡し会やファンイベントに行った人なら、容易くできるはずである。