0で除算しました。

しばらくコロナ禍専用、時々生活と美しい物。

一人ドライブに出かけて

[tex: ]

1人ドライブを満喫

4/30まで暦通り出勤し(午後からシマは私一人となった!)昨日5/1から5/6まで6連休に入った。嫁さんは出勤し、家には私一人。世の中はstay@homeであるが一人で一日中家にいるのも何なので、不要不急の一人ドライブにでかけた。ドライブとどこかでささっと外食だけならば、コロナを気にしなくて良いし、誰にも迷惑が掛からない。

交通状況

高速道路・幹線道路には「不要不急の外出は自粛しましょう」「県境を越える移動は自粛しましょう」と書いているので、罪の意識がないことはないが、どこの道路も空いていて快適。

車種で目立つのは、物流トラックと営業車(プロボックスなど)。お仕事お疲れ様です。自家用車はいないわけではないが、SA・PAへ入ると、本当に少ない。

ふっと後方を見ると、プロボックスが真後ろにいて、慌てて進路を譲る場面が多々あった。

今日は天理から名阪国道を名古屋方面へ回った。昼飯は名物天理スタミナラーメン。ここは何も問題はなかった。

名古屋郊外に入ると

名古屋で以前から行きたいラーメン屋があったので、ラーメンのはしごになるが行ってみようと思った。が、ここは休みでした。

中から何人もののにぎやかな会話が聞こえたので、てっきり営業中かと思ったが、店主さんらしき人がぬっと出てきて「今日はやってません。準備中って書いてあるでしょ」と不機嫌な顔で。「準備中」は入口の下の方にあって、気づかなかった。

会話の内容を少し聞いてしまったが、どうやら同業者の集まりのようだ「このままコロナが終息しなしたら、飲食業みんな終わりだ!」などとシビアな話をしている。どうも来てはいけない所に来てしまったようだ…。

「そうですか、また来ます」といって、その場を去った。外から役場のスピーカーで、音声を流している「…緊急事態宣言が発令中です、どうか家の中に留まってください…」と呼び掛けている。本当に災害が起きていることを肌で実感できる。いつも行動している京都・大阪と桁違いの危機感の強さを感じた。

帰りに、閉店中の理容室の近くを通った。ふと張り紙があって、そこにはさりげなく、忘れ難い言葉が張ってあった。

f:id:divisionby0:20200502144311j:plain